迷ったら相談が一番

鍵トラブルで誰かに相談しようにも詳しい人というものは中々見つけにくいものです。身近に相談するよりもまずは鍵屋に相談してみましょう。

鍵屋に多い相談を集めてみた

施錠をしていたのに勝手に開いていて家に入られてしまいました!鍵を交換するべきでしょうか?

窃盗の被害に合われた場合はまずは警察に連絡しましょう。使っている銀行口座やクレジットカードの停止も忘れずに行いましょう。施錠していたのに入られた場合は、合鍵を作られている可能性が高いので鍵の交換を行う必要があります。

家に鍵のない金庫があるのですが、開錠する事ができますか?

鍵が無くても鍵の解錠は可能です。ですが、場合によっては開錠が難しい可能性もあるので相談をお願いします。

車の鍵を無くしてしまいました。鍵屋で鍵を作る事はできますか?

可能です。その場合は必要書類があるので必ず準備しておきましょう。

鍵にも寿命がある?

鍵

外界から家を守る鍵ですが、しっかりした作りに見えても壊れてしまう日は必ず訪れます。最近作られる鍵は防犯の為複雑化している事が多く、五年から六年前後で壊れやすくなってしまいます。シンプルで古い形式の鍵でも十年経ってしまうと壊れやすくなってしまいます。十年以上使っているけど壊れないという人でも防犯の為の交換する事をおすすめします。

鍵が劣化する原因

女性

鍵の劣化は使用年数にもよりますが、多くの場合鍵穴に問題がある事が多いです。悪天候で雨水や雨風がドアに吹き付けると鍵穴にも雨水や雨風に運ばれたゴミが入り込んでしまいます。それが蓄積されると鍵穴を塞いでしまい知らぬうちに劣化させてしまうのです。また、鍵穴の奥にあるシリンダーの劣化にも繋がるのです。鍵の劣化を防止したい人は鍵専用の潤滑剤を利用するのがおすすめです。ですが、鍵穴を本当に長持ちさせたい場合は、鍵のメンテナンスが効果的です。メンテナンスを頼む場合、鍵屋さんにお願いするのが一番です。

家の防犯力を高めよう

鍵とドアノブ

出入口がたくさんある家の場合、大体は防犯の為に鍵が付いている箇所が多いです。表側は人目につきやすいので、鍵が取り付けられていますが、人から見えずらい裏手のほうだと逆に防犯力が手薄になってしまいがちです。その防犯の弱い所をついて盗難に遭ってしまう可能性が高いので盗難に遭いにくい家にする事が一番です。裏手の防犯が手薄の場合は、ドアに新しく鍵を取り付けるなどすると良いでしょう。横浜の鍵屋さんは鍵の解錠や修理以外にも鍵の取り付けも行っています。

広告募集中