目次

こんな行動が防犯力を落としている?!

家の防犯力が低いとすぐに侵入者に入られてしまいます。侵入者の多くは施錠している鍵を開けたり、施錠されていない所を見つけて侵入してしまいます。他にも窓ガラスを割ってから侵入する方法もあるようです。施錠をしっかり行っている家は良いのですが、施錠を忘れてしまう行為は防犯意識がとても低いです。また、家にあるスペアキーが少ないからと親がいなくても子供が家に入りやすいように鍵を植木やポストに隠す人もいます。ですが、不法侵入を行う人はこのような習慣を知っている人もいるので、鍵をうまく隠しても見つけられて侵入してしまうケースがあるようです。他にもそこから鍵を複製されるという可能性もあります。なので、日ごろから防犯意識を自分でも高く持つ必要があります。まずは自分で不法侵入者に入られない環境作りを徹底する事が必要不可欠です。

防犯性の高い鍵に取り換えよう

家の防犯意識を高めたい人はまずは自分の習慣以外にも鍵の種類にも着目してみましょう。古いアパートや団地のドアにはサムターンと呼ばれる鍵のタイプが多いです。このサムターン形式は昔から使われている鍵のタイプなので解除方法が知れられており、針金などで容易に開いてしまうようです。自宅の鍵の形式がこのタイプという人は、サムターンガードというものを取り付ける事をおすすめします。他にもディンプルキーと呼ばれるタイプに変えると防犯性がかなり高くなります。ディンプルキーは鍵のパターンの種類が多く複製品を作るのが難しいのでピッキング被害に遭いにくいメリットがあります。ですが、ディンプルキーを作成しても絶対に安全とはいいきれないので、油断しないようにしましょう。鍵の取り換えを希望する場合、アパートや団地の場合管理会社や大家に相談し名古屋の鍵屋に依頼して取り付けを行ってもらいます。

広告募集中