家のプライバシーや安全を守る

ドアや窓についている鍵は家を守る大切な物です。鍵のトラブルや交換を行いたい人は鍵屋さんに連絡して交換したり解消してもらうのが一番です。鍵屋さんが普段どんな対応をしているのか知りたい人はまずはよくある質問チェックしておきましょう。

鍵屋によくある疑問

元々鍵の差込口が差しにくいドアだったのですが、鍵が回らなくて無理やり回したら折れてしまったのですが、どうすれば良いでしょうか?自分でもどうにかしようと思ったのですがどうにもなりませんでした。

玄関に取り付けてあるシリンダー内に鍵の破片が残っているのでシリンダー内部から鍵を取り出す事ができますよ。

購入した物件が中古なので泥棒に入られないか心配です。鍵の取り換えは可能ですが?

鍵の取り換えは可能です。希望の日時を決めて連絡してください。当日は既定の時間に業者に伺います。

玄関の鍵を無くしてしまいました!予備も持っていません。連絡してすぐに来る事はできますか?

住んでいる地域によって到着時間が遅くなってしまう可能性がありますが、当日に伺う事は可能です。作業時間が三十分から六十分前後必要です。

合鍵と純正キーの違いについて

鍵

家に入る時は必ず鍵を鍵穴に差して自宅に入ります。鍵は基本的には一つきりですが、無くしたりした場合鍵のシリンダーから鍵を複製する事ができます。元々ある最初の一本目を純正キーと呼び、その後に作られた鍵を合鍵と呼びます。純正キーと合鍵では見た目だけだとそんなに違いがないので一見すると分かりにくいです。どう違うのでしょうか?純正キーの場合は、鍵にロゴかメーカー名のどちらかが刻印されています。他にもメーカー名やロゴの下に鍵番号と呼ばれる数字とアルファベットが混ざったものが刻印されています。合鍵の場合は、合鍵用のロゴかメーカーが刻印されています。合鍵には鍵番号が無く、その代わりに商品番号と呼ばれる四桁の数字が刻印されています。この数字は鍵番号よりも短いです。商品番号は前にアルファベット一文字、後ろに三桁の数字が並びます。純正キーは一から新しいデータが作られます。その為合鍵よりも精度が高いです。この精度が落ちるとシリンダーに差しても回しにくかったり、中で引っかかりやすくなります。純正キーで鍵が回りにくいと感じたら、シリンダー自身に問題がある可能性があるので、シリンダーの交換をしましょう。

車の鍵が差さりにくい場合は

鍵

最近は車に鍵を刺さずに開ける事ができる車種が増えてきましたが、スマートキーやキーレスキーの場合内臓電池が切れてしまうと鍵を使って開ける必要があります。鍵を差したけど抜けないまたは差せなくなってしまったという事があります。長年使っている車だと鍵穴が劣化して鍵が差さりが悪くなっている可能性が高いです。そのような場合車のディーラーへ持っていったり、ロードサービスを呼ぶのが一般的ですが、鍵屋でも対応を行っている所が多いので、まずは船橋の鍵屋へ相談してみてもらいましょう。

広告募集中